keyboard_arrow_right
未分類

水やりはいつも深夜だけど

窪美澄作の、それぞれの家族の短編集。世の中にありそうな話で、主人公たちの苦しい胸の内が共感出来て、あっという間に読んでしまいました。 過去のいじめられた経験から、嫌われないように幼稚園のお母さんたちと 付き合う主婦。 産後鬱になった妻のことで義理の両親から責められ、仕事や家庭のこともできる限り頑張ってきたのに、なんでできないところだけ見るんだよと妻に不満をぶちまける夫。 自分の妹が障害をもっていて、子供の時に自分を追いかけて列車にひかれて亡くなったことから、自分の産んだ子供も妹と同じではないかと不安を感じ... Read More