keyboard_arrow_right
portoanddouromoments
未分類

「新感染」新しい韓国映画

韓国作成のゾンビ映画です。 仕事人間のソグは、自分の母親に娘のスアンの世話を任せっきりにして忙しく日々を過ごしていた。事業参観にも行かず、娘が誕生日プレゼントになにが欲しいかもわからないソグ。そんなソグにスアンが誕生日プレゼントとしてねだったのは、別居中の母親(ソグの妻)に会いにプサンに行く事だった。 「仕事が…」とプサンに行く事を渋ったソグだったが、結局スアンへの罪悪感から早朝の新幹線に乗ってスアンとプサンに行く事を決める。 そして、新幹線に乗り込む直前。街中や駅がサイレンや行き交う警察車両で騒がしい事... Read More

未分類

平岩弓枝先生が描く、あの有名作品「西遊記」

平岩弓枝先生の「西遊記」です。 先生ならではの美しい言葉遣いで、優しさ溢れる独自の物語が展開されます。 基本的な筋は、有名な西遊記と変わらないようです。 私は原典をよく知りませんが、帝の命令で僧侶の玄奘が、ありがたいお経を求めて天竺へ旅をする、という。 お供はやはり、悟空に猪八戒、悟浄、それに白馬。 物語は三蔵(玄奘)が都を出発する前から始まり、仏弟子達との出会いを丁寧に書いていきます。 ここに描かれる悟空は、ヤンチャな子供のよう。天界で暴れたのも、天の役人の嫌がらせが原因だったけれど、世間知らずな彼は、... Read More

未分類

道尾秀介『向日葵の咲かない夏』

道尾秀介さんが2005年に出した小説『向日葵の咲かない夏』。 この作品は、第六回本格ミステリ大賞の候補作です。(ちなみにその時の大賞は東野圭吾さん『容疑者Xの献身』です) あらすじとしては、主人公の小学生ミチオが、欠席したクラスメイトのSくんの家を尋ねると、S君が死んでいた…でも担任の先生と再びSくんの家に行ったとき、S君の死体はそこにはなくなっており、ミチオの前に「蜘蛛」に姿を変えたS君が現れ、ことの真相を追っていく、というものです。 最近、巧妙なトリックを用いて描かれた、実写化不可能といわれていたよう... Read More

未分類

マイ・フェア・レディ

 オードリー・ヘップバーンの魅力全開のミュージカル映画です。 オードリー演じるロンドンのオペラ劇場前で花を売る貧しい娘と、彼女の田舎なまりを治そうとする言語学が専門の大学教授との人間ドラマです。 娘は教授に反感を抱いていたのですが、だんだんと心開いていきます。 教授の努力で美しい発音に生まれ変わり、貴族の舞踏会で羨望のまなざしを向けられるようになるまで成長します。 ハンサムな若者との恋、酒飲みで自由人の父とのやりとり、発音矯正の訓練など各場面にユーモアがちりばめられています。 「ラバリー」「スペインの雨」... Read More

未分類

オススメ!海外ドラマ「HANNIBAL」

「羊たちの沈黙」この映画を知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。 一見、普通の老紳士。実は、とんでもなく頭脳明晰で食人趣味のあるシリアルキラーが女性刑事と共に殺人事件を解決していくが…。 公開から30年近く経った今でもそのセンセーショナルさは、多くの人を魅了し続けています。 このドラマはその映画に登場する殺人鬼、ハンニバル・レクターの若かりし頃のお話です。 簡単なあらすじは映画版とさして変わりません。 類稀な共感能力を持ったFBI講師のウィル・グレアムはその能力を生かし殺人事件へ協力をしていまし... Read More

未分類

ブラックホークダウン

ブラックホークは、絶対に墜落することはないと言われていました。 それが、ソマリアで、ダウンするなんてありえない。 しかも、ヘリの機体は機密事項の塊でしたからね。 ビンラディンなどの作戦でネイビーシールズとかを、輸送しているあの黒いヘリですよ。 自衛隊だって同じ型式のヘリを導入しているくらい性能の高いヘリです。 今回、この映画では、ゲリラ兵の発車したRPG−7で墜落(ダウンです。) まさに悪夢としか言いようがありません。 それが、今回の映画「ブラックホークダウン」ですね2001年 リドリー・スコット監督映画... Read More

未分類

プラトーン

ベトナム戦争映画が見るのが好きなんですよというと、最近は、ベトナム戦争って何???って反応になります。 確かにそうですよね、40年以上前のことですから、もはや歴史の教科書の話になっちゃいますよね。 でも、最近のキングコングでは、ベトナム戦争との絡みが出てきて、また流行の兆しがあります。 しかも、あまりいいイメージがない戦争ですから、第2次世界大戦のように美談のようには描けませんよね。 歴史的な考証はこれくらいにしておきましょう。表題の映画は、1986年 監督・脚本は、オリバー・ストーンです。もう間違いない... Read More

未分類

暗いところで待ち合わせ

駅で起きた殺人事件がきっかけで、奇妙な出会いをするミチルとカズアキの物語です。 犯人に間違われて思わず逃げてしまったカズアキは、盲目の女性ミチルの家に隠れる、というこのあらすじに惹かれて読み始めした。 ミチルもカズアキが部屋に侵入していうのを気づいているけど知らないふりをし、一緒に暮らす時間が増えるにつきだんだんと気付かれていることに気づいていく過程、そしてその後少しずつ二人が歩み寄っていくお話の展開にとても心が温かくなりました。 この発想の素晴らしいさが乙一さんの魅力だと思います。 中でも、初めて二人が... Read More

未分類

花ホテルと古本買取のサイト紹介

平岩弓枝先生の、連作短編集の一つが「花ホテル」です。 舞台は、南フランスに出来た趣味の良い建物。花の街エズに相応しい、優雅なホテルのオーナーは、日本人女性の朝比奈杏子。敏腕マネージャー・佐々木三樹の視点で物語が進みます。 ホテルを訪れるお客は、毎回人種もタイプもバラバラ。彼らが巻き起こす事件に対応するうちに、杏子と三樹は、少しずつ惹かれ合っていきます。 しかし、結婚に失敗した過去を持つ三樹は、オーナーとマネージャーという立場もあり、なかなか先に踏み出すことが出来ません。そんな中、杏子の亡き夫の家族が現れて... Read More

未分類

アメリカンギャングスターとDVD買取のサイト紹介

麻薬捜査、ギャング、カルテル、マフィア映画は、どれもこれも、重厚感があり、派手なアクションが多いのが特徴ですよね。 でも、今回取り上げます映画は、アメリカンギャングスターです。 リドリースコット監督の、2007年の映画ですね。 あらすじ ブルーマジックという良質な薬物を売りさばき、少しづつ一大勢力を築く、主人公のフランク。 家族を仕事に巻き込み、どんどん発展していくも、正体が掴めない。でも、そんなフランクの姿をそれでもそれを追う、麻薬捜査官のリッチー。 ある時、信頼できるはずの家族のミス、ほんの少しのほこ... Read More