keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
オリジン
未分類

オリジン

アメリカの小説家であるダン・ブラウン氏が発表したラングドンシリーズ第五弾です。
主題は「進化論」と「人工知能」。ハーヴァード大学に勤める宗教象徴学者ロバート・ラングドンはエドモンド・カーシュという元教え子が主催するイベントに招待され、スペインへやってきます。
カーシュはこのイベントで重大な発表をしようとしていました。
それは、「われわれはどこから来たのか」「われわれはどこへ行くのか」という、宗教問答ともいえる二つの問いに答えるものでした。
ところが、彼はプレゼンを発表しようとした瞬間、額に銃弾を撃ち込まれて暗殺されてしまいます。
カーシュはイベントを開催する以前に、三つの宗教の権威者に内容を相談していました。
しかし、カーシュの発表しようとしていた内容は宗教の根底を覆すほどの力があり、三人の権威者に反対されていました。
そして、カーシュによると、彼は宗教界から脅迫のようなものを受けていたといいます。
ラングドンはカーシュの発見を代わりに発表すると決意します。
そして、ともに同じ目的を持つ者が二人。
イベントの準備を手伝っていた美術館館長アンブラという女性と、人工知能のウィンストンです。
はたして彼らはカーシュの残した謎を解き明かすことができるのでしょうか。