keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
実写化もされたみをつくし料理帖シリーズ
未分類

実写化もされたみをつくし料理帖シリーズ

この作品を知ったのは、最近増えてきている「この〇〇はすごい!」シリーズの紹介を引用した雑誌の特集でした。(ご存じない方に説明すると、「このミステリーはすごい」だとか「この漫画はすごい」だとかのタイトルで、著名人などにおすすめ本を尋ねたり、一般投票をして対象を決めたりする紹介記事や本です)

『この時代小説がすごい!文庫書き下ろし版』(宝島社)で大賞をとったこちらの作品はシリーズ全10冊で、完結をしています。

天涯孤独だけれど、拾われた料理屋の主人と奥さんに家族同様に接してもらっていたことで、救いを得ていた主人公。

しかしその料理屋も災害でなくなってしまい、残された奥さんと二人になってしまう。しかし実は旦那と奥さんの間には、出奔して行方不明になった息子がおり、その息子を探しに上方から江戸へ…という波乱万丈な設定ですが、みどころは自分の腕を信じ、女性の細腕と偏見に負けぬよう努力しながら、常においしいものを作り続けたいとひたむきに頑張る、主人公の姿です。

途中で叶わぬ恋あり、お店の妨害ありとの展開も、盛り上がりがあり一度読み始めたら最後まで気になって読んでしまう時代小説です。

女性のファンが多い作者さんですが、男性の方にもおすすめしたい時代小説です。