keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
ブラックホークダウン
未分類

ブラックホークダウン

ブラックホークは、絶対に墜落することはないと言われていました。
それが、ソマリアで、ダウンするなんてありえない。
しかも、ヘリの機体は機密事項の塊でしたからね。
ビンラディンなどの作戦でネイビーシールズとかを、輸送しているあの黒いヘリですよ。
自衛隊だって同じ型式のヘリを導入しているくらい性能の高いヘリです。
今回、この映画では、ゲリラ兵の発車したRPG−7で墜落(ダウンです。)
まさに悪夢としか言いようがありません。
それが、今回の映画「ブラックホークダウン」ですね2001年 リドリー・スコット監督映画ですね。
今でこそ、重鎮監督として名を馳せていますが、当時からセンスが光りまくりです。
すごい監督です。
舞台せってにもこだわり、見つけ出した撮影地は、当時のその状況を知る兵士が尻込みするぐらい似ているところを見つけてきたそうです。
まさに、執念ですね。

あらすじ
1993年に発生した、ソマリアでの「モガディシュの戦い」を描く。
簡単な作戦で、ほんの数時間で終了するはずで、兵士も最小限の装備しか携行していなかった。
しかし、部rックホークが、撃墜されたことを契機として、どんどんんとゲリラとの市街戦の泥沼の戦闘が開始される。
とにかう、現代版の「プライベートライアン」よろしく、どんどん兵士が撃たれていきます。
軍用車両のハンビーの銃座に着くと、次々と兵士が撃たれていくシーンは、本当にいたたまれなくなります。
墜落したブラックフォークの操縦士が最期まで頑張るのに、むざむざ民間人に引き出されてリンチされてします。

自然に涙が出てしまいます。
本当に戦争は悲惨だ、繰り返してはならないと強く感じる映画です。
歴史を知っておくという意味でもぜひご覧下さい。