keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
「新感染」新しい韓国映画
未分類

「新感染」新しい韓国映画

韓国作成のゾンビ映画です。

仕事人間のソグは、自分の母親に娘のスアンの世話を任せっきりにして忙しく日々を過ごしていた。事業参観にも行かず、娘が誕生日プレゼントになにが欲しいかもわからないソグ。そんなソグにスアンが誕生日プレゼントとしてねだったのは、別居中の母親(ソグの妻)に会いにプサンに行く事だった。

「仕事が…」とプサンに行く事を渋ったソグだったが、結局スアンへの罪悪感から早朝の新幹線に乗ってスアンとプサンに行く事を決める。

そして、新幹線に乗り込む直前。街中や駅がサイレンや行き交う警察車両で騒がしい事に2人は気付くが発車時間が差し迫っていた為、さして気にせず乗車してしまうのだった。

だが、列車が発車する直前1人の女が駆け込んで来た。そして、彼女は乗務員をはじめ次々と人を襲い始める。パニックになる車内。

逃げ惑う人々の中、ソグとスアンは生き残った妊婦とその夫。高校生カップルや駅から感染者に追われ逃げ込んできた男性と共に必死の攻防を繰り広げるのだった。

果たして、2人は無事にプサンへ辿り着く事ができるのか。

韓国映画って、今までお決まりの恋愛系か歴史もののイメージがあったので映画公開当時少し観に行くのを躊躇したのですが観て大正解。

突然の記憶喪失も、実は異母兄弟だったなんて超展開はありません。ただ、ただ残酷な現実が続いていきます。

ストーリーがしっかりしていて、ゾンビ映画によくあるB級臭はまったくなし。生き残ったメンバーの群像劇的な部分もあるのでより登場人物に感情移入して楽しむ事ができました。しかも、その行動が妙にリアル。

韓流映画に対する見方が変わりました。是非、新感覚の韓流映画。お楽しみ下さい。