keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
フェイス・オフ
未分類

フェイス・オフ

顔が入れ替わり、悪役と、ヒーロー役が入れ替わると、役者の、ニコラス・ケイジと、ジョン・トラボルタが顔つきまで変わり、演技も変わるという、本当に素晴らしい演技のそう、「フェイス・オフ」ですね。
1997年 ジョン・ウー監督の出世作ですね。
ジョン・ウー監督イコールガンアクションのイメージを強くした映画でしたね。
この「フェイス・オフ」頃から、独特のガンアクションがいい感じでしたよね。少し古いですが、今見ても、派手なアクションシーンは健在です。

あらすじ
FBIの捜査官 アーチャーと、凶悪犯のキャスターの顔を、潜入捜査を行うために為に入れ替え手術をを行う。
しかし、凶悪犯のキャスターが目覚めてしまい、アーチャーの顔を奪い、それを知る人が全員されてしまう。
事情がわからなくなり、アーチャーは、キャスターの顔のまま投獄されてしまう。
そんな中、キャスターは、自分の仕掛けた爆弾を解除して、一躍ヒーローとなってしまう。
それにより、アーチャーになりすましたまま生活を開始する。

この映画での、一番の見どころは、やっぱり、ジョン・ウー監督の真骨頂である、2丁拳銃アクションですよね。
歌舞伎の「みえ」みたいに、待ってましたと言いたくなるようなシーンですね。
これが、パルプフィクションから、上がり調子で完全復活した、トラボルタがうまくこなしていて、本当に素晴らしいアクションシーンになっています。
銃弾の数が無限なのは、みんな知っていますが、内緒です。あと、ニコラス・ケイジの不幸になった時のなんとも言えない表情を見せるシーンでしょうか。
キャスターだった時は、鬼のような形相でしたが、アーチャーに入れ替わると、すごく優しい表情になると言う。本当に素晴らしい演技です。