keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
花ホテルと古本買取のサイト紹介
未分類

花ホテルと古本買取のサイト紹介

平岩弓枝先生の、連作短編集の一つが「花ホテル」です。

舞台は、南フランスに出来た趣味の良い建物。花の街エズに相応しい、優雅なホテルのオーナーは、日本人女性の朝比奈杏子。敏腕マネージャー・佐々木三樹の視点で物語が進みます。
ホテルを訪れるお客は、毎回人種もタイプもバラバラ。彼らが巻き起こす事件に対応するうちに、杏子と三樹は、少しずつ惹かれ合っていきます。
しかし、結婚に失敗した過去を持つ三樹は、オーナーとマネージャーという立場もあり、なかなか先に踏み出すことが出来ません。そんな中、杏子の亡き夫の家族が現れて……。

平行して描かれる宿泊客の人生も、様々です。リタイアした老夫婦、しっくりいかない新婚さん、夫の裏切りに気付いた妻……。中でも、私が特に好きな話は「男客」。

横柄でワガママな客と、紳士的で穏やかな客。
同じ日本人男性ながら、対照的な二人の様子が面白く、紳士の意外な素性にも驚きです。
スタッフに代わり、不届きな男を懲らしめる彼の行動は、痛快なほど。
杏子に乱暴しようとしたのだから、読者も同情する気にはなりません。
それにしても、客の立場を傘に着て威張る姿は、実にみっともなく。
自分はこうはなるまい、とヒヤリとさせられました。

読書家で、本棚があふれかえってる方へおすすめのサイトです。
古本買取価格比較 | 古本売るならおすすめはこのお店